MENU

クルクミンの主な効果としては抗酸化作用、抗炎症作用、消化不良と関節リウマチの改善など

クラチャイダム クルクミン 効果

 

クラチャイダムにはクルクミンと呼ばれる成分が含まれていますが、これがどういう効果を発揮するか気になる人も多いかもしれません。

 

クルクミンはクラチャイダムの色素を構成する成分で、注出して粉末状にするとわかるのですが、黄色い色素となっています。

 

ポリフェノールの一種に分類され、主な効果としては抗酸化作用、抗炎症作用、消化不良と関節リウマチの改善などが報告されています。

 

また、二日酔いはアセトアルデヒドと呼ばれる毒素が原因となりますが、この毒素を分解する胆汁の分泌を促す働きを持つようです。つまり、クラチャイダムは二日酔いにも効果的なものとなっています。

 

クラチャイダムはウコンの一種としても知られており、同様にアルコールの友と呼べるかもしれませんが、ウコンには鉄分が多く含まれており、飲み過ぎると鉄分によって肝炎を悪化させる可能性があります。

 

しかし、クルクミンは鉄分を低減させる働きを持っているので、肝炎を防ぐなどの肝機能障害の対策にも効果的です。日本ではアルコールと一緒に飲むのが良いとされますが、欧米では抗がん作用の研究も進められており、幅広い効能が期待できる成分として様々な方面から注目されているようです。

このページの先頭へ